休日でも麻雀 | 麻雀卓業者はっしん課長のブログ

麻雀卓業者はっしん課長のブログ

高い?安い?全自動麻雀卓の電気代っていくらなの?機種別に計算してみた

November 1, 2016

初めましての方も、お世話になっている皆様も、どうも!

麻雀商社で働く橋本こと、はっしん課長です。

今回のテーマは全自動麻雀卓の電気代についてです!

全自動麻雀卓の電気代ってどのくらいかかるの?

 

「全自動麻雀卓ってどれくらい電気代がかかるんですか?」

これ、お客様からよく聞かれる質問なんですよね。

確かに麻雀って一度始めてしまうと結構長時間やりますから、電気代がどのくらいかかるのか気になりますよね。

最近はすっかり個人宅に全自動麻雀卓があるのが一般的になったので、できれば省エネであってほしいものです。

 

そんな疑問を解決するため、今回バッチリ計算しましたよぉ!!

 

機種ごとに消費電力が異なるので、それぞれ機種別に計算してみました。

計算で使うツールはこれ。

 

image176

 

ここに全自動麻雀卓の消費電力を入れればおおよその電気代が出ます。

1日の使用時間を6時間と想定して計算してみたいと思います。

 

全自動麻雀卓の機種別電気代比較!

 

それでは早速見ていきましょう!

それぞれの麻雀卓の消費電力はメーカーがカタログに載せているので、それを元に計算していきます。

消費電力の少ない順に並べてみました!

アモスマーテル・アモスギャバン・センチュリーフェニックスFタイプ・センチュリーテンパルFタイプ

 

image178

0定格消費電力(W)
0円/1日

アモスノア・アモスシャルム・アモスヴィエラ・アモスプレジャー

 

image177

0定格消費電力(W)
0円/1日

アモスレックス・アモスアルティマ

 

image179

0定格消費電力(W)
0円/1日

イーガーCB

 

main_cb

0定格消費電力(W)
0円/1日

雀豪マーク3、雀豪ドーム、雀友

 

image180

0定格消費電力(W)
0円/1日

結論:全自動麻雀卓は意外と省エネだった

 

おおよその目安の数字ですけど、意外と計算すると安いですよね。

最も優秀だったのは、アモスの旧型とセンチュリー旧型でした。

細かく出すと1日3.69円ですから、例えば月に10回麻雀したとしても、36.9円!

安いッ!

最も高いのは雀豪や雀友ですが、それでも月に10回使って、118.8円!

 

僕は今までお客さんに電気代を聞かれたら、蛍光灯とかと同じくらいの電力しか食わないですよ!と説明してきましたが、やっぱりその通りでした。

 

結論:全自動麻雀卓は省エネ家電だった!

どどん!

 

次のページはこちら→全自動麻雀卓ってうるさいの?騒音計で実際に計ってみた

ブログ運営者について

はっしん課長
麻雀商社のささき商事で働く橋本といいます。

小学生の時に麻雀を覚えてからその楽しさに衝撃を受けたことがきっかけで、麻雀業界へ就職しました。

今は陰ながらマージャンの素晴らしさを世の中に広めるべく日々楽しく仕事してます。

麻雀関連のご相談は何でもお受けしますのでどうぞ♪

→もっと詳しいプロフィール

コメントどしどしください!

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

麻雀用品いろいろ取り揃えてます!

僕の勤めている会社です。

開店相談、修理、レンタル、加工など麻雀のことなら何でもご相談ください!

僕宛に直接相談ももちろんOKです!
麻雀用品いろいろ取り揃えてます!